カウンセリングの具体的な内容は?

医師と患者の話し合いが基本的な内容

カウンセリングは患者の悩みや疑問をカウンセラーが聞き、適度にアドバイスをするイメージがあります。そのような方法もありますが、うつ病のカウンセリングは専門医が患者とコミュニケーションを取り、患者自身も自覚していない問題を特定して治療の方向性を決めるのが普通です。うつ病治療は投薬も含まれるため、適切な判断が不可欠です。カウンセリングは正しい治療を行うための必須条件とも言えるので、カウンセリングを行わずにいきなり投薬治療を行う病院は避けるのが無難です。医師と患者がお互いに相手を信頼し、気兼ねせずに話し合いができる関係になることが効果的なカウンセリングに繋がります。そのため、医師との相性が良くないと感じたら他の病院に変えるのも選択肢のひとつです。

不快に感じたり納得できない場合は拒否することも大切

カウンセリングはうつ病治療の方向性を決めるのに重要な行為ですが、患者のプライバシーである心の中に踏み込む行為でもあるので場合によっては強い不快感を覚えることもあります。専門医であっても第三者が心の中に入り込むことに抵抗を感じるのは人として自然な感じ方と言えるので、どうしても信頼できなければカウンセリングを拒否することも可能です。うつ病は人によって発症の理由や症状が異なるので、最適な治療の方法もひとつではありません。人によってはカウンセリングは避けた方が良いこともあるので、その判断を正しく下すことが医師の責務と言えます。うつ病の専門医もそれぞれ得意分野が異なるので、患者は心から信頼できる医師を選ぶことが重要です。