うつ病治療に掛かる平均期間は?

うつ病になったらど治るまでにどのくらいの期間がかかる?

現代はストレス社会といわれ、小さいお子さんから高齢者までストレスにさらされているといわれています。その中で現代人の現代病ともいえる精神疾患がうつ病です。うつ病は決して他人事ではなく、いつ自分がなっても家族がなってもおかしくない病気であり、非常に身近な病気となっています。うつ病になるとやる気が起きない、喜びの感情がわいてこない、気分が落ち込みつらい状態が継続し、肉体的にも症状が出てきます。

眠れない、頭が痛い、息が苦しい、だるい、口が乾く・・・精神的な状態のほか、こうした肉体的な症状も出てくるため、本当につらい症状です。このような状態になったらメンタルクリニックなどでしかるべき治療を受けることをおすすめします。治療にかかる期間は人によって違いますが、大体3ヶ月から1年くらいです。専門医のところで早期に治療を行い、しっかり心と体を休めることで少しずつ回復に向かうでしょう。

うつ病は一気に治らない・・少しずつ焦らず治療しよう

うつ病は自分で気が付くことが難しく、ご家族など近しい人がおかしい?と気が付くことが多いといわれます。自分で気が付いてメンタルクリニックに行く方もいますが、ご家族や近しい人から病院にいってみようといわれたら、まずは深刻に考えず、悩みを相談するくらいの気持ちで病院へ行きましょう。薬や面談、対人療法など、その人にあった治療を医師が見つけてくれます。

またうつ病になったら「焦らず治療する」ことも重要です。うつ病はよくなったなと思うと、前と同じ状態になり、またよくなったと思ったのに悪くなる・・・と繰り返します。しかしその中でも着実に、よくなる期間が長くなっていくので、ゆっくり・のんびり・・うつ病に向き合っていけば回復するはずです。タレントさんなどもうつ病を発症される方がいますが、いつしかテレビの世界に復活していますね。「ずっとこのままではない」と頭の中に入れて、焦らず治療することが望まれます。