こんな症状はうつ病のサイン

気分や行動から読み取れるサイン

うつ病の症状は気分や行動に現れやすく、明らかに様子が違うことが分かります。気分のサインとしてはネガティブな気持ちが続く、些細なことで傷つく、自分には価値がないと思い込みがちです。行動のサインとしては食欲がなくなる、作業効率が悪くなる、ミスが多くなるなど、周囲にも影響を及ぼしやすくなります。うつ病になりやすい人は責任感が強いため、サインが出ていても無理をして悪化させる傾向にあります。本人にとっては一時的なストレスだと考えて、自分は正常だと言い聞かせるのです。また、本人がサインに気付いていないパターンもあります。気分や行動の異変は誰から見ても分かるものなので、決して見てみぬふりをしないようにしましょう。

症状は身体にも出てくる

うつ病は心の風邪とよく言われますが、症状は身体にも現れます。例えば身体がだるい、頭痛や腰痛、肩こりなど、全身に影響を及ぼすため苦痛を伴うのです。また、睡眠への影響も見逃せません。睡眠の種類は大きく分けて2つあり、不眠と過眠があります。不眠は眠りたいのに眠れない、眠れてもすぐに起きてしまうことを指します。過眠は必要以上に寝てしまったりなかなか起き上がれないため、日常生活にも影響が出てくるのです。また、動悸や息苦しさ、手足がしびれるなどの症状が現れることがあり、明らかにおかしいことに気付くはずです。身体にまで症状が出てしまうと、いざ病院に行こうとしてもだるくて動けなくなる可能性があります。サインに気付いたらすぐさま受診するようにしましょう。